2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DNFアントン:エネルギー遮断 攻略方法

kage

2014/12/07 (Sun)

・DNFアントン:エネルギー遮断 攻略方法

完全にネタバレです。見たくない人は回れ右してください。
間違いなどがありましたらコメントで教えてもらえると助かります。
他のアントンダンジョンのまとめは以下に載せます。

アントンダンジョン攻略まとめ(予定地)
http://araarado.blog9.fc2.com/blog-entry-1342.html


・参考動画



https://www.youtube.com/watch?v=xmYlj5LmYoo




https://www.youtube.com/watch?v=upObehi79oE





元ソース

http://df.gamechosun.co.kr/info/anton/anton4.php
http://blog.naver.com/raddrake/220060215664

[致命的] プレイヤーが一撃で即死することがあります。
[警告の台詞] パターン:モンスターが吹き出しで表示される台詞の内容です。
[警告の動作] パターン:モンスターの特定行動に対する警告です
[ブロック] 拘束または氷結、気絶のような中断スキルでモンスターのパターンの一部または全部を中断することができます。
[体力回復] パターン:モンスターの体力が回復します。
[ディーリングタイム] いつも高い防御力や無敵状態のネームドが特別なパターンを経て一定時間無力化されているパターンです。

遮断1

粉砕のアトール

[精霊]

瞬間移動パターンの使用の有無:なし
狂龍の叫びの使用の有無:なし
ディーリングタイム: 区分なし


粉砕のアトールの使用スキル─────────────────────────────────


#パターン1

遮断2

プレーヤーの頭の上に印が付きます。

粉砕のアトールは印の対象者に向かって移動します。

印は生きているプレーヤーのうち最も前面プレーヤーが選ばれます。

(1,2,3,4プレーヤー順)



#パターン2

[致命的]

遮断3

粉砕のアトールは周期的に自身の下に溶岩床を生成します。

溶岩床はアトールが死亡する前には消えず、溶岩の上キャラクターに大きな多段ヒットダメージを与えます。



#パターン3

[致命的]

遮断4

粉砕のアトールは自身を中心とする小さい円を持っています。

縁の中に一定時間印の対象者がなければ大きい爆発が起きてフィールドのすべてのキャラクターに莫大な被害をもたらせます。
周期的にアトールが斧をとって円の中のキャラクターを打ち倒して、まもなく火炎柱が上がってきて多段ヒットダメージを与えます。




粉砕のアトールとの戦闘─────────────────────────────────────

遮断5

戦闘が始めるということと同時に1プレーヤーは印を持つようになります。

印の対象者が円の外に出て行く場合、粉砕のアトールの下のオレンジ円が早く成長することになり、オレンジ円が青い円の大きさに成長した時、爆発してパーティーメンバーに大きなダメージをもたらせることになるので、印を持っているプレーヤーは必ず円の外に出て行かないようにします。




○戦闘中注意事項

#パターン3

粉砕のアトールが斧を上から下へ打ち込んで円の中のすべてのプレーヤーを打ち倒します。

以後、火炎柱がほとばしって多段ヒットダメージを与えてくるので、クィクステンディンをぐっと押して持ちこたえるようにします。

時々クイックスタンディングのクールタイムが終わってない時に、連続でパターンを詠唱してきた場合は天上の回復ポーションを準備するようにしましょう。



(c)粉砕のアトール簡単ブリーフィング────────────────────────────────────

1.溶岩床を踏まないようにします。

2.印の対象者は円の外に出て行かないようにします。

3.アトールがキャラクターを打ち倒せばクイックスタンディングを使って、以後上がる火炎柱パターンに備えるようにします。



遮断6

メルトドロッグ

[精霊/人間型]

瞬間移動パターンの使用の有無:なし
狂龍の叫びの使用の有無:なし
ディーリングタイム:あり
その他:ディーリングタイムに強制的に硬直、掴みスキルの使用禁止

メルトドロッグ 使用スキル──────────────────────────────────────


遮断7

以下、A・B・C・Dを石
中央の大きな緑の丸を巨大な石として表記



#パターン1

遮断8

メルトドロッグは前にプレーヤーがいる時突進します。


#パターン2

遮断9

メルトドロッグは、次のすべての条件を満たした場合に、フィールドの中央に移動し、玉を吐き出します。。

1.体に玉を付けたプレイヤーがいないとき

2.中央の巨大な石が破壊されていないとき

3.A・B・C・Dの少なくとも1つの小さな石が動作しているとき

4.後述する魔眼のセルの範囲内にプレイヤーがいないとき

遮断10

吐き出した玉のプレイヤーが触れると、玉がキャラクターに付着します。

以降、メルトドロッグは定期的に玉が付与されたプレイヤーに向かってジャンプ攻撃を繰り返します。

ジャンプ攻撃は、玉のついたプレイヤーの足下に魔法陣が形成されると同時に、メルトドロッグがジャンプします。

遮断11

地面に落ちた玉に一定時間誰も触れなかった場合、爆発してフィールド全体に大ダメージを与えます。


#パターン3

[ディーリングタイム]

遮断12

石は普段は保護膜で囲まれて攻撃を受けない状態であるが、

メルトドロッグのジャンプ攻撃を石の上に誘導して保護膜を破ることができます。

保護膜が除去された石は、ダメージに関係なく、五回程度の打撃で破壊することができます。

保護膜が剥がれると同時に石の上にキャストバーが生成されて高速で回復、キャスティングが完了すると、保護膜が再生され再び攻撃することができない状態になります。

破壊された石は、20秒後に保護膜と一緒に再生され、石を破壊されたとき、その場で黒い炎が出て周辺のプレイヤーに向かって移動します。

黒い炎は、数秒後に爆発して周囲のプレイヤーに多大なダメージを与えます。

遮断13

すべての石を破壊すると、中央の巨大な石の保護膜が解除されて

巨大な石を破壊したときに、すべての石が再生されるまでメルトドロッグは無敵状態が解除され無防備状態になります。


#パターン4

[致命的]

遮断14

メルトドロッグは、次のいずれかの条件を満たした場合にフィールドの中央にジャンプして地面を叩き大ダメージを与える衝撃波を発生させます。

1.#パターン3の無防備状態から抜けだした時

2.魔眼のセル範囲内にプレイヤーが入ってきたとき

1の条件を満たしている場合、地面を3回叩きます。

2の条件が満たされた場合、すべての行動を停止し、魔眼のセル範囲にプレイヤーがなくなるまで連続して地面を叩き続けます。

地面を叩く攻撃は、メルトドロッグの攻撃に合わせてジャンプすることで回避できます。



#パターン5

遮断15

メルトドロッグの体力が50%未満になると、背中から魔眼のセルが登場します。

魔眼のセルは自分の下に小さな円を作成します。

魔眼のセルの範囲内にキャラクターが入ると、メルトドロッグの地面を叩くパターンが始まり、

魔眼のセルの範囲内に入ったプレイヤーは、石化状態になり黒のとげが飛び出し莫大なダメージを受けます。

魔眼のセルはランダムプレイヤーを対象に捉え、そのプレイヤーを一定時間追撃します。

一定時間が経過するか、ターゲットが死亡すると、他のプレイヤーを対象に再設定します。




メルトドロッグとの戦闘 ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─



メルトドロッグを相手にする前の位置を相談して進行すれば楽に撃破することができます。


[EX]自分がAの位置で待機している場合は、パーティーメンバー2のポジションです。

赤色:玉を食べているパーティーメンバーを示します(パーティーメンバー1と表記)

橙色:Aの横で待機しているパーティーメンバーを示します(パーティーメンバー2)

黄色:Bの横で待機しているパーティーメンバーを示します(パーティーメンバー3)

緑色:Cの横で待機しているパーティーメンバーを示しています。 補助玉担当者の役割です。 (パーティーメンバー4)

玉担当者(パーティーメンバー1):玉を貰いABCDの順で進行してジャンプ攻撃を誘導して保護膜を破壊します。

パーティーメンバー2:Aの横で待機して、ビーズの担当者がAの保護膜を破壊すると、Aを破壊した後、Dで待機、玉担当者がD保護膜を破壊すると、Dを破壊します。

パーティーメンバー3:Bの横で待機して、ビーズの担当者がBの保護膜を破壊すると、Bを破壊した後、中央で待機します。

補助玉担当者(パーティーメンバー4):Cの横で待機して、ビーズの担当者がC保護膜を破壊すると、Cを破壊した後、中央で待機します。

すべての石が破壊されたときに、パーティーメンバー2,3が急速に中央の巨大な石を破壊した後、ディーリングタイムを待ちます。

遮断16


玉担当者:玉を貰います

パーティーメンバー2:Aの位置で待機

パーティーメンバー3:Bの位置で待機

パーティーメンバー4:Cの位置で待機

遮断17

玉担当者:Aに移動

遮断18

玉担当者:Aシールドを破壊した後、Bに移動

遮断19


玉担当者:Bシールドを破壊した後、Cに移動

パーティーメンバー2:保護膜が破壊されたA破壊

遮断20

玉担当者:C保護膜を破壊し、Dに移動

パーティーメンバー2:A破壊した後Dに移動

パーティーメンバー3:保護膜が破壊されたB破壊

遮断21


玉担当者:Dシールドを破壊した後メルタように中央に誘導

パーティーメンバー3、4:自分が担当している石を破壊した後、中央の巨大な石の横で待機

遮断22

パーティーメンバー2:保護膜が破壊されたDの破壊

遮断23

中央の巨大な石を破壊した後のディーリングタイム

遮断24

ディーリングタイム終了後の自己の位置に

※メルトドロッグの体力が50%以下に落ちた時

魔眼のセルの対象となったパーティーメンバーは、自分のポジションを放棄し、攻略の邪魔しない場所に魔眼のセルを誘導します。

遮断25

[EX]玉担当者が目のターゲットとなった場合、

玉担当者(パーティーメンバー1):攻略でしばらく抜け魔眼のセルを誘導します。

パーティーメンバー2:Aの横に待機してAを破壊、後にCに移動してCを破壊

パーティーメンバー3:Bの横に待機してBを破壊、後にDに移動してDを破壊

補助玉担当者(パーティーメンバー4):玉を貰いABCDの順で進行



[EX]玉の担当者ではなく、他のプレイヤーが目のターゲットとなった場合、

玉担当者 :玉を食べてABCDの順で進行

パーティーメンバー2、3、4のいずれかの魔眼のセル対象者ではないパーティーメンバーが交互にA-> C / B-> Dを担当して進行





メルトドロッグ簡単ブリーフィング ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

1.玉を貰います。

2.1時、5時、7時、11時の石にメルトドロッグのジャンプを誘導して保護膜を取り除いた後、破壊します。

3.すべての石を破壊した後、中央の巨大な石を破壊します。

4.ディーリングタイムが終了したら、ジャンプで地面を叩く攻撃を避けます。

5.魔眼のセルに追跡されたら戦闘から抜けて邪魔されない場所に誘導します。



遮断26

溶岩怪蟲

[獣]

瞬間移動パターンの使用の有無:なし
狂龍の叫びの使用の有無:なし
ディーリングタイム: あり
その他:気絶状態異常を誘発するスキル、掴みスキルの使用禁止



溶岩怪蟲の使用スキル─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

#パターン1

遮断27

溶岩怪蟲は体を半分だけ地面に埋めたまま歩き回って、

画像の円の中にプレイヤーが入ってくると、#パターン2、#パターン3、#パターン4に移行します。



#パターン2

遮断28

溶岩怪蟲が空に飛び立った後、キャラクターの位置に警告魔方陣と一緒に地上に落下してダメージを与えます。

以降、#パターン1を繰り返したり、#パターン3、#パターン4をしようとします。



#パターン3

[ブロック可能] 気絶状態異常、掴みスキル

遮断29

溶岩怪蟲が口からヌゴル幼虫もどきを吐き出してキャラクターにダメージ&中毒異常状態を誘発します。
ヌゴル幼虫もどきは特別な攻撃パターンはないが、数秒後進化してヌゴル成虫もどきに変化します。

遮断30

ヌゴル成虫もどきは直線方向に小さな炎を継続的に発射します。



#パターン4

[致命的]

[ディーリングタイム]

[警告の動作] 溶岩怪蟲が咆哮してプレイヤーをロックオン、ロックオンされたプレーヤーの下に衝撃波エフェクトの作成

遮断31

溶岩怪蟲が警告動作後、近くランダムターゲットを一人捕まえて地面を掘りつつ、ターゲットの位置を貫通して、フィールドの端まで一直線にトンネルを掘って行きます。

溶岩怪蟲は捕捉された対象が死亡したり、三回までトンネル突進攻撃を繰り返します。

遮断32

突進の進行方向に パターン5 の溶岩亀の死骸が有る場合、頭をぶつけて突進が中断されしばらく行動不能状態に陥ります。

行動不能状態に陥った溶岩怪蟲は無敵状態が解けて、防御力が大幅に減少します。

溶岩怪蟲がぶつかった溶岩亀の体は消えてしまいます。



#パターン5

遮断33

溶岩怪蟲の戦いの中で、定期的にフィールド左の巨大なオブジェクトから溶岩カメ登場します。

特別な攻撃パターンがなく、体力だけが高くて、倒すと死骸となって パターン4の溶岩怪蟲の突進を妨げることができます。


#パターン6

[致命的]

[警告の動作] 溶岩怪蟲が音を出してすぐに地面の下に隠れて、空中にジャンプした後、中央に落下

遮断34

溶岩怪蟲の警告動作後、中央に巨大な口が広がります。

パターンが続いている間、マップの外から中央に引き寄せられます。。

このとき中央に移動する棘に触れたキャラクターは大ダメージ&のけぞりを食らい、中心に引き寄せれれると即死します。




溶岩怪蟲との戦闘 ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

溶岩怪蟲は溶岩亀の体を利用した突進パターン誘導で戦いを進めていかなければなりません。

溶岩怪蟲は掴み攻撃や気絶状態異常にかかると、すぐに土の中に入って無敵状態になるので注意するようにします。

○戦闘中の注意事項

*パターン3

ヌゴルの幼虫を吐き出す時、一箇所の場所に幼虫が登場するので出てきてすぐに処理するのがよいです。

成虫に変化の速度が非常に速く、成虫になった時、体力が増加するなどして処理が難しくなります。

溶岩怪蟲が橙色に光った体で現れた時に、掴み攻撃あるいは気絶状態異常を誘発してパターンをキャンセルすることができます。

*パターン4

[ディーリングタイム]

[警告の動作]溶岩怪蟲が咆哮してプレイヤーをロックオン、ロックオンされたプレーヤーの下に衝撃波エフェクトの作成

遮断35

溶岩怪蟲が咆哮してプレイヤー1人をロックオンします。

以降、突進する溶岩怪蟲はまっすぐなに突進するので、横に移動したり、ジャンプで回避することができます。

溶岩カメの体がある場合は、体の後ろに移動して、溶岩のカメを突き飛ばさせてパターンを止めるようにします。



*パターン5

[警告の動作] 溶岩怪蟲が咆哮してすぐに地面の下に隠れて、空中にジャンプした後、中央に落下

遮断36

フィールドの赤い円の部分で引き寄せる力が登場して一直線に進んでいるため、

緑円がある場所で避けてください。




溶岩怪蟲簡単ブリーフェング ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

1.溶岩亀を中心に攻略を進行します。

2.溶岩怪蟲のダッシュパターンにロックオンされた場合、横に移動またはジャンプをして避けるようにします。

3.突進パターンで溶岩亀の死体がある場合は、ダッシュを誘導してパターンを止めるようにします。

4.ヌゴル幼虫は出てきてすぐに高速に処理できるようにします。

5.中央の口が開いたら、外側の安全な場所でパターンが終了するまで待機します。




遮断37

恐怖の思念体

[精霊]

瞬間移動パターンの使用の有無:なし
狂龍の叫びの使用の有無:なし
ディーリングタイム: あり



恐怖の思念体の使用スキル ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─



#パターン1

遮断38

幽霊列車のビックゴースト・フルーと同じパターンで潜った後にプレイヤーに噛みつきます。

ダメージと一緒に出血状態異常になります。


#パターン2

遮断39

血玉を背中に作成した後、前方に向かって射出します。



#パターン3

遮断40

幽霊のフルーのダッシュパターンと同じだが、恐怖の思念体は、3つの幽霊を出します。
最初の幽霊は自分の前方に、二番目の幽霊は下に向かって、第三の幽霊は上に向けて発射します。

遮断41

幽霊のダッシュパターンのうち、1つだけ色が濃い幽霊が突進してきます。
この幽霊は、プレイヤーにダメージを与えることなく、小さな黒い炎をキャラクターに付与します。
黒い炎がついたキャラクターは、毎秒30から開始して3倍に増加するダメージを受けます。
(90 270 810 2430 7290 21870 65610 ...)

黒い炎は接触することで、他のパーティーメンバーに移動できて、
移った炎のダメージは再び30から開始します。

遮断42

黒い炎をつけたプレイヤーが恐怖の思念体に近づくと、炎が爆発し、一定時間恐怖の思念体が無防備状態になります。



恐怖の思念体との戦闘 ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

恐怖の思念体は、幽霊のダッシュパターンを除けば、致命的なパターンを持っていません。

噛み付きパターンは、恐怖の思念体が潜るたびに使用して回避しやすく、

血玉パターンも誘導力を持たず、範囲が狭い方なので、軽く避けられることができます。

遮断43

幽霊のダッシュパターンは、必ず、中央、下部、上部の順で進行され、

幽霊のダッシュパターンの、二つの幽霊は、多段ヒットダメージを与えるフルーのダッシュパターンのような幽霊であり、

1つの幽霊は、キャラクターに黒炎を付けるので、鮮やかな色の幽霊を捉えて恐怖の思念体に付着するようにします。



恐怖の思念体の簡単ブリーフィング─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

1.幽霊のダッシュパターンは、中央、下、上の順序で登場します。

2.幽霊のダッシュパターンのうち曇り幽霊はプレイヤーにダメージを、鮮やかな幽霊は黒い炎を残します。

3.黒い炎は、定期的にプレイヤーにダメージを負わせ周辺のプレイヤーに移して付けられます。

4.黒い炎を恐怖の思念体につけると爆発し、ディーリングタイムが開始されます。



遮断44

吸収のエゲヌ

[精霊/人間型]

瞬間移動パターンの使用の有無:なし
狂龍の叫びの使用の有無:なし
ディーリングタイム: あり



吸収のエゲヌの使用スキル ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─



#パターン1

[体力回復]

遮断45

感電、出血、鈍化を除く状態異常にかかるたびに、紫色のエフェクトと共に大量の体力を回復します。
(ボクシンググローブや鈍器の気絶オプションも容赦なく吸収してしまいます)


#パターン2

[致命的]

[体力回復]

[ディーリングタイム]

[警告の動作] エゲヌが足で地面に打ち込んで、自分の分身を前方に飛ばします。

遮断46

エゲヌが一定回数以上の攻撃を受けた時に、警告の動作と同時にプレーヤーのすべてのバフを吸収し、自分の分身を飛ばした方向に突進します。

エゲヌの突進を正面から受けたキャラクターは、大きなダメージを受けて、その代わりエゲヌは大量のHPを回復します。

遮断47

エゲヌの突進で上下に生じる石はジャンプを使用して回避することができ、

エゲヌの突進を全員避けた場合は、壁に頭をぶつけて気絶状態になり、しばらく防御力が低下します。

頭をぶつけて気絶している間、#パターン1の状態異常吸収を使用しません。



#パターン3

[致命的]

[体力回復]

[ディーリングタイム]

遮断48

エゲヌが両手を伸ばして前方の何かを掴みます。

何かいた場合は、掴まれたキャラは大ダメージを受けて、代わりにエゲヌが大量のHPを回復します。、

自分の前の地面を何度も打ち込んで気絶状態異常にします。

エゲヌが何もつかめなかった場合は、エゲヌの頭の上にクエスチョンマークが浮上し、一定時間防御力が低下します。

現在バグで吸引のエゲヌが掴むのはキャラクターや召喚獣だけでなく、
フローレンスセントやガトリングの弾・螺旋の念など判定のあるものなら何でも掴み体力を回復しようとします。



#パターン4

[致命的]

[体力回復]

遮断49

エゲヌの体力が125ゲージ近くになると、警告メッセージと一緒に目を開くことになります。

エゲヌが目を開けている間、視線を合わせたキャラクターがいる場合は甚大なダメージを食らい

#パターン4の玉を生成すると同時に、大量のHPを回復します。全回復します。

このパターンは、125ゲージ近くから以降30秒間隔、あるいは#パターン2、#パターン3に失敗するたびに使用します。



#パターン5

#パターン4の視線を合わせたキャラクターから青い玉が出てフィールドを渡り歩いて通い。
この青玉は、黒煙の源のように届いたキャラクターのすべての行動をキャンセルさせ、
呼吸ゲージが生成され、すべてのゲージが消費されると、継続的にダメージを受けます。



吸収のエゲヌとの戦闘 ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─



吸収のエゲヌのパターンの一つ一つが、キャラクターが即死するほど大きなダメージを与えると同時に

自分の生命力を大量回復するパターンを多数保有しているので、ミスをしないことが何よりも重要です。



エゲヌにダメージを与える方法は、多段ヒットを急いでパターンを誘導したり、

エゲヌの前で手をつかむパターンを誘導することです。



無敵スキルを多数保有してるパーティーメンバーがいる場合はつかむパターンを誘導して攻略するものよいが、

多段ヒットを通した突進のパターンで攻略するほうが安全です。



○戦闘中の注意事項

*パターン2

[体力回復]

[ディーリングタイム]

[警告の動作] エゲヌが足で地面に打ち込んで、自分の分身を前方に飛ばします。

遮断50

エゲヌの突進パターンを直接受けることになれば被害とともにエゲヌの体力が回復するので必ず回避するようにします。

エゲヌの上下に起きる石はジャンプで回避できます。

以後エゲヌが気絶することになるが、気絶状態以上は互いに重ならないので、

この時は気絶状態以上を誘発するスキルを使ってもエゲヌが体力を回復しません。 (突進気絶が終了してからかける気絶はやはり回復します。)

遮断51

エゲヌの突進を近い壁に誘導すると移動時間が減るのでダメージを多く与えやすいです。

上のスクリーンショットでは右側に突進を誘導した時、直ちに頭が当たるけど、

左にエゲヌが突進すると、しばらく突進するためにエゲヌが走って行く時間分、ディーリングタイムをたくさん浪費することになります。

エゲヌは頭を当てて極短い間だけ防御力が減少するために早く攻撃を入れるのが重要です。


鈍化状態異常がかかったエゲヌは突進後所定の位置からジャンプ攻撃したりするが、この時エゲヌに近づくとキャラクターが捕えられてしまうので注意するようにします。

鈍化状態以上を大きく誘発するチリングフェンス、ラサなどは自制してください。



*パターン3

[体力回復]

[ディーリングタイム]

遮断52

エゲヌの近くに攻撃対象がいる場合は、手を伸ばしてつかむパターンを詠唱します。

このとき、何も捉えなかった場合は防御力が低下する。硬直や減速などエゲヌを固めておいても防御力が減少する時間は増加しません。

エゲヌは攻撃が不可能なオブジェクト(フローレンスセントやガトリングの弾・螺旋の念など)も捉えるので注意が必要です。


*パターン4

[体力回復]

遮断53

正確には、125ゲージからですが、たまに126、127ゲージに使用している場合がありますので、130ゲージ以下になると目を覚ますパターンを注意するようにします。

以後30秒間隔で着実に詠唱するので、中には30秒をざっと数えた後、キャラクターの視線を事前に後ろに回しておくこともお勧めします。

エゲヌが壁に頭をぶつけて気絶状態になった場合にも、気絶状態異常を無視して、パターンを詠唱するので注意してください。



吸収のエゲヌの簡単ブリーフィング ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

1.多段ヒットを急いでパターンを誘導するようにします。

2.エゲヌが分身を突進させるて起きる石はジャンプで避けるようにします。

3.状態異常攻撃に注意するようにします。

4.125ゲージから使用してくる視線パターンに注意するようにします。



発行日 2014.07.14
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。