2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火山の玉入れを楽にするたった一つの冴えたやりかた

kage

2016/04/10 (Sun)

・火山の玉入れを楽にするたった一つの冴えたやりかた

火山でのカウンター玉出しは練習あるのみです。
今回は玉を出した後の"玉入れ"を楽にする方法を紹介します。

マテカへのカウンターが成功した後に出てくる玉は、
・基本的に狙われたプレイヤーを追いかけてくる(ラグか何かでたまにズレたり交代したりする場合はあります)
・金-土-血-風の順で色が変わる
という仕様があります。
またマテカが狙ってくるプレイヤーは挑発などでタゲ取りしないかぎりはランダムです。
カウンターAIもたぶんクールはないか、それほど長くないので、短い間に複数回やってくる時があります。
そして必ず背中側から狙ってきます。

ネームドの血と土はギミック次第で死人が出る場合があるので、クルセの源泉を回すことを考えると、
最初の方に持ってくる方がマテカ第2フェーズの安定感が上がります。

それらを考えると一番効率の良い玉入れ方法は以下のとおりです。

玉入れ

・基本的な解説
玉の色は常に同じ間隔で同じパターンで色が変化するので、
移動距離を調整して、狙った魔法陣に一直線に進むことで、対応した色を入れることがほぼ可能です。
(魔法陣と逆側にくるっと玉が移動すると無理な場合もあります。短いモーションの攻撃でカウンターを取りれば成功率が上がるかも?)
玉ターゲットを分かりやすくすることで、玉運びをしてる人を最小限に抑えて、その間に他のプレイヤーがカウンターを取れる機会を増やします。

1番.[血]

玉入れ2

真ん中辺りで4人がこのように背中合わせに位置取ることで、
マテカが右から殴ってきたら、玉タゲは右側にいる人(左を向いてる人)だと判断できます。
ネームドにモヤモヤを付ける前に、クルセは念の為サンクチュアリを置きましょう。

2番.[土]

3箇所にバラけることで誰がターゲットか分からずにウロウロする時間を減らします。
拘束職はネームド開幕拘束を狙いましょう。
血で大量に死人が出たら源泉を回すために土は後にする方法もいいかもしれません。

3番.[風]

3箇所が少し遠目になってしまうので、
クルセは風ネームドと戦う時に火力バフなどをすればいいと思います。

4番.[金]

これは言わなくても分かると思います。陣の上でカウンターを取りましょう。


火山初心者でも、
周囲のプレイヤーの立ち位置をマネさえすれば、一直線に動くだけで簡単に玉入れが成功しやすいです。
玉の色が変わる間隔や順番を覚える必要も少ないので、楽ちんです。
火山プロは、
出来るだけ早く攻略したがると思うので、この作戦できっと満足でしょう。
この図だと正確な位置取りが分からないかもしれませんが、何度か一般やレイドで試してみればすぐ分かると思います。
お試しあれ!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。